オリジナルのウェディングケーキを手作りしてみた♡方法、費用、こだわりのポイントについて

手づくりアイテム
スポンサーリンク

ウェディングケーキ

ケーキ入刀と言えば結婚式のハイライト

写真映えする大事な瞬間ですよね。

そんな大事なウェディングケーキ、デザインにもこだわりたい!という花嫁さんも多いのではないでしょうか。

今回は、ウェディングケーキを手づくりして、節約する方法をお伝えします。

アイシングケーキの製作費用

食べられるフレッシュケーキを式場で頼むと1人1,000円~1,500円×人数分という会場が相場かと思います。
100人だとなんと10万円!
デザインをこだわると、さらに追加料金…

でも、フルコースにもデザートがついているので、さらにウェディングケーキもあると、
とっても嬉しいけれど食べきれない…ということもありますよね。

私たちは悩んだ結果、2次会でフレッシュケーキで入刀&おすそ分けをすることとし、
披露宴のケーキはアイシングで作成することにしました!(その分、コースのデザートにこだわりをつめていただきました♡)

かかった必要は4万円弱!

作ったアイシングケーキは、玄関に飾ってあるのですが、結婚式に参加してくれた友人が家に遊びに来ると、「えっ!?このケーキなんでまだあるの!?」と驚かれます。

「フレッシュケーキだと思った!」、「全然気づかなかった!」という声も多数。

すべて自分好みのデザインにできる上に、節約にもなり、作成する過程も大切な思い出になります♡

アイシングケーキの作り方

気になる画像を集める

まずはデザインを決めるところから!

胸がときめくデザインを好きなだけ盛り込むことができるのが、手づくりの醍醐味。

PintrestやInstagramで可愛いデザインを探しました。

デザイン画を描く

気に入ったデザインのケーキの写真を決めたら、デザインを描いていきます。

私は絵心がないので、先生に描いていただきました。

素材を購入する

海が見える結婚式だったので、貝殻やヒトデをふんだんに使用しました。

夏になると100円ショップでも貝殻やヒトデ等がたくさん販売されますが、私たちがケーキを作成したのは、1月~3月だったので、Amazonや大崎のダイソー、代官山のSeriaなど、あちこち探して買い求めました。

今思えばメルカリなども活用すればよかったかも。

生地を型に貼り付ける

アイシングの外側は粉砂糖など食べられる素材でできていますが、中身は発泡スチロールです。

薄く伸ばしたアイシングで、発砲スチロールを覆っていきます。ちょっと気を緩めると皺になってしまい、ここが1番難しかった(>_<)!

アイシングで模様を描く

真っ白に覆われたケーキに模様を描いていきます。

ここは、アイシングクッキーを作成するのと同じ要領です。

リボンなどの飾りをつける

私がアイシングを描いている間に、旦那さんはリボンづくり。

ふっくらとしたリボンを4つつけました。

貝殻等を貼り付ける

最後に、貝殻等は家で貼り付けました。

これは木工用ボンドで貼るだけです。

こだわったポイント

ヒトデの新郎新婦

ヒトデにちいさなちいさなリボンネクタイをつけて新郎に♡

新婦は、チュール素材のリボンでベールを作成しました。

さりげなく結婚式の日を

アイシングの模様の中にさりげなく結婚式の日付を隠しました。

海らしいデザイン

リボンをたくさんつけて可愛らしく、

3段目には貝殻をたくさんつけて、海っぽさをだしました。

材料を購入した場所

ユザワヤ

ヒトデにつけたちいさな黒いリボンや、チュールのリボンはユザワヤで購入しました。

ちいさなヒトデ用のチュールなので、必要なリボンはほんの少しですが、ユザワヤなら必要な長さだけ購入することができて、便利でした。

Amazon

貝殻やヒトデはAmazonでまとめ買い!

100均(セリア・ダイソー)

100均でも貝殻を購入しました。

冬の時期は麻布十番の100均では販売されていませんでしたが、夏には数種類見かけました。

アイシングケーキ教室

アイシングケーキを作成する際にお世話になったのが、都立大学駅にあるシュガークラフトのスイートハートです。

友人の結婚式のお祝いにミニケーキを作成した際にもお世話になった教室です。

コメント